Store Development店舗開発とは

Store Development店舗開発とは

実は一つの店舗が出店するにさしあたって様々な調整などがあります。 【店舗開発】とはその出店における調査や交渉・調整事項などを管理・調整する仕事です。

小売りや飲食店など、同じような商品、サービスを扱っている業種でも出店したいエリアや
立地が違います。というのも、出店する場所によって売上高が大きく異なってしまうからです。

小売り・飲食業界の中では【店舗開発】の重要性が高く、各企業においてプロフェッショナルの担当がおります。

なぜならば出店の際に判断する基準も店舗や企業により様々であり、エリア・店前通行量・家賃・立地における住民特性・・・などなどその企業や店舗にあった判断基準・出店基準があるからです。

具体的にどのようなことをするかというと

出店エリア策定

  • 一緒にどのエリアに出店するか考え、方向性を定めます。
  • 出店するエリアの調査を行い、出店候補地として適しているか、検討していきます。

企画書の作成・業態の提案

  • 案件一つ一つに対して想いを伝えることのできる企画書を作成します。
  • 資料作成のもと、企業様/店舗様のプロモーション活動を行います。

案件の入手

  • 商業施設や駅ビル、SCでは出店したい場所、に必ず案件があるわけではありません。各施設の担当者様にご理解いただけるよう企画書の提示や、プレゼンテーションを行い、プロモーション活動をしていきます。
  • プロモーション活動をすることで「こんな場所で検討できますか?」や「こんな施設を考えているのだけど出店検討できますか?」などお声がけをいただけるようになります。

案件における調査

  • 案件特性においては【駅乗降】・【施設来館者数】・【周辺の人口】・【施設規模】・【住んでいる人の特性】・【来館者の特性】・【平日/土日祝日お客様の比率】他にも、様々な特性があります。
    それらを施設の担当者様から資料を頂戴し、周辺調査の上、資料作成をします。
    案件情報として【賃料】や【共益費】、他にも【販売促進費】など、商業施設・駅ビルなどにおいては様々なランニング費用項目があります。当然これも出店判断の一つとなります。
    データを集め、考察・検討のもと、出店判断をしていきます。

交渉・シュミレーション

  • 先述の通り、ランニングコストの一つとして【賃料】などを挙げましたが、企業によって賃料の考え方は様々です。人件費や原価などで負担が軽い業態ならば良いのですが原価が高い商品を取り扱う業態や、働くスタッフを多く投入しないといけない業態、などであると売上に対しての賃料負担があまりできません。その際はデベロッパー様にお話し、ご理解をしていただき、賃料を交渉させていただくこともあります。

プレゼンテーション

  • デベロッパー様も賃料が高いだけで店舗を選ぶわけでなく、業態やメニュー構成など、その施設・駅・エリアにあったものかどうか等、様々な判断基準がございます。先述で述べた資料をさらにその場所毎にアレンジや提案を加え、デベロッパー様にプレゼンテーションを行っていきます。

契約

  • 店舗選定の後、内定となった暁には出店契約を結びます。その際の契約書の内容などの調整・確認作業も行います。

上記が主ではありますが、案件ごとに特性や制限があるため、各案件において検討する必要があります。

ジェイ・プランでは各企業における出店判断基準など理解し、その企業における【店舗開発】の機能を担い、出店におけるサポート業務を行います。

今後の展開・ブランディング・新業態の提案 また、スタッフ採用など幅広いご相談を頂戴し、そのサポート業務も行っております。

『ジェイ・プランにあの時出会ってなかったら、今は無かった。』というお言葉を頂いたり、その店舗を利用されているエンドユーザーの笑顔を見ると、大きな達成感ややりがいを感じることができます。